2回も行くとは…。タイのゴーゴーボーイズへまた来てしまった。

こんにちは!!

先日、日本人旅人さん達と初めて会った時、今まで行った場所の話や、
今後の旅の予定など話したんですけど、

その中でも、私たちが行ったゴーゴーバーの話の食いつきがすごくて。

そのときのブログがこれ。

そこで見たものを話したら、女子たちの目が輝いて、私たちもぜひ行きたい!と。

あれよあれよという間に、またみんなで集まりゴーゴーボーイズへ行くこととなりました。

約束の日の夜、集合した日本人総勢11名。

ショーが本格的に始まるのは22時から。
それまで屋台で腹ごしらえをしながら待機する変態日本人11名。

そんな時、周くんがこれから見るものを想像しすぎたためか、興奮して鼻血を出す始末。

これが私の旦那なのだ…と自分に言い聞かせながら止血をしていたらあっという間に22時!

全員でゾロゾロとあの日行ったゴーゴーボーイズへ向かいました(・∀・)

最初に通された席は、前回と同じような一番後ろの席。

でもそんなんじゃ物足りない!と周くんが店員さんに交渉したところ、
なんと一番前の席を空けてくれることに。

前回と違う席も、また一味違っていいかもなあって思って大喜びで座る。

ステージは目の前。

ボーイ達がステージに立つと、少し手を伸ばせば触れられるくらいの近さ!

一番前だから、ステージにも上がらせようとしたり、いろいろ飛んできたりと、サービスがすごい。

そのサービスも、私たちをどこまで引きずり込もうとするの!?ってレベルだから、覚悟が必要(:_;)

前の席は、過激すぎると言えばそうなんだけど、前回の後ろの席と違って、
彼らの表情や、細かなしぐさ、裏方の照明まで見える範囲が増えたんです!

前は気づかなかった、踊っているときの真剣な眼差しや、アクロバットの前の一呼吸、

指先まで神経を集中させてたり、少し緊張している表情なんかも見えた。

私もダンスやミュージカルで少し小さなステージに立ったことがあるからわかるけど、
フォーメーションとか、振り付けとか、結構練習しないとできないようなこともやってる。
ただ単に、おちん様を出しているだけのショーじゃない。

何度も練習してきて、彼らはここに立っているんだ…。

衣装のほつれ、何度もそれを縫い合わせた跡・・・。

自分で縫っているのか、それともお母さんが縫ってくれてるのか。

ここの男性達は、20代~30代の若い人たちが多い。

世の中にはいろんな仕事があるけど、人の前でおちん様を出して踊る仕事は特殊とも言える。

ここで働いていることは、お母さんも知っているのかな?

なんて言って送り出してくれているんだろう。

ふと、自分に息子がいたとして、息子がそのまた息子を人前に出す仕事をしたい!って言ったら、
母の私はどんな気持ちで送り出すんだろうかと考えた。

そういう世界に詳しくない私は、少し抵抗があるかもしれないと思ったけど、

一生懸命に舞っている彼らを見てたら、輝ける場所がここにあるのなら、
立派に頑張ってるねって応援してあげられるかもなって思った。

そんなことを目の前数十センチの距離におちん様を拝みながら思った夜でした。

そして私たちはついにバンコクを移動し、

タイの南、クラビへ出発ですよー(*’ω’*)

BESTEK 海外旅行用変圧器 変換プラグ付き 90V-240V to 100V 変換 並行輸入品

新品価格
¥4,890から
(2017/4/21 01:12時点)

世界一周ブログランキング現在15位!

いつも応援ありがとうございます♡

ブログランキングを見る

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ランキング参加中♡
1日1クリックして応援お願いします( *´艸`)

食パッカーのFacebookページもチェックしてね♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする