メケレからジンカへ飛行機で移動。そして南京虫に遭遇。【エチオピア】

今日はダナキルツアーを終えて、北部のメケレから、南部のジンカへ飛行機でひとっ飛び!!

一度、アディスアベバで乗り換えをしますが、値段は約14000円。

バスで移動したら3日くらいかかるルートを、飛行機なら乗り換えを含めても、約4時間ぐらいしかかかりません。

飛行機は、国内線なので小さめで、なんと初めてのプロペラ機!!

プロペラでも、ちゃんと飛行機って飛ぶんですね!(゚∀゚)

あっという間に南部のジンカの空港に到着しました。

飛行機を降りてすぐ、これは、馬小屋!?

・・・って思ったら、違う!!!

これはジンカ空港の建物…!!

ちっっちゃ!!

空港で荷物を受け取るときは、大体こういうベルトコンベアから出てくるのが普通でしょう?

でもここにはそんなものはなく、飛行機から車に荷物を積んで、その車の荷台から直接荷物を受け取ります。

チェックインカウンターも1つしかないし、荷物の重さを計るのも体重計。

こんなにシンプルな空港は初めて見ました!!

空港を出るとこんな景色。

何もねぇぇぇえええーー!( ゚д゚)

仕方ない、街の中心部まで、このタクシーに乗って行きます。現地の人なら50〜70ブルで行けるところを、200ブルで行ってもらいました。

この人たちに乗せてもらわないと、このど田舎から抜け出せないから仕方ない。

このエチオピアの南部、ジンカの町の噂はいろいろ聞いていて、

民族巡りのツアーの勧誘がうるさいとか、

騙してくるとかで、

エチオピア人嫌い!!

もうエチオピアには行かない!!

ってなった話を聞いてました。

私たちも騙されないように、慎重に町歩きをしなければ!!

ジンカは、町とは言っても、道路が舗装されていないところも多いし、ボロボロの建物も多いし、発展途上を感じる。

TOTALのガソリンスタンドも、アメリカやヨーロッパで見たものとは全く雰囲気が違う。

早速、通りすがりの少年が、「ハロー!」って声をかけてきた。

民族ツアーの勧誘されるのか!?と思ったらただの挨拶。

みんな笑顔で、挨拶してハイタッチするだけ。

お次は、ロバに乗って荷台をひいているおじさんに遭遇。

「おい、君!荷台に乗ってみな!」

喜んで周くんは荷台に乗り、しばらくおじさんとお散歩。

「写真撮っていいぞー!」

その辺を歩いていた少年も一緒に乗って、ロバに引かれて笑顔。

荷台を降りて、

「じゃーまたなぁ!」

あれ?お金の請求はしなくていいの!?

変に警戒ばかりしていたから、

エチオピア人の人懐っこさにビックリ。

全然民族ツアーの勧誘されないじゃん!

変にお金請求してこないじゃん!

都会とはかけ離れた、小汚くてゆったりとしたジンカの町、第一印象はとてもいい。

私たちが泊まった、ジンカの宿はハヤットホテル。

最初に通された部屋で、ベットのシーツをめくってみると、、、

奴がいた!!!

黒くて小さくて、もそもそ動くあいつ。南京虫だ!!

南京虫に刺されると赤く腫れて、蚊に刺されたのとは比べ物にならないくらい、痒みがずっと続くそう。

そんな南京虫がいるベットでは寝られない。

部屋を変えてもらうように頼んだら、新しい部屋に案内してもらいました。

新しい部屋は、こちらの建物。

比較的きれいだけど、蚊帳は無し。

エチオピアの南部で蚊に刺されて、マラリアになった友人を知っているから、蚊が怖い。

そして、カーテンのついていない窓は、外からベッドが丸見え。

プライバシーもあったもんじゃない(:_;)

ただ、一部屋250ブル(約1000円)と、少し安かったから、このままここに泊まることにしました。

明日はいよいよ、南部の民族、ムルシ族に会いに行ってきます!

●ジンカの宿

ハヤットホテル
部屋:ダブルルーム
値段:250ブル
Wi-Fi:なし
シャワー:共有。水シャワー。
キッチン:なし
エアコン:なし
洗濯機:なし
冷蔵庫:なし

読者のみなさんにお願い(*’ω’*)

ブログを読んで面白かったらぜひこのバナーを押してください(・∀・)

コレ→にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

1つの端末から1日1回クリックすることでポイントを入れることができ、
それによって、私達のブログのランキングが上がっていく仕組みになっています!

クリックで世界一周ブログ村ランキングに繋がり、有料サイト等には繋がらないので安心してください♪笑

ブログがランキングの上位に表示されることで、多くの人の目に留まり、ブログを通しての出会いが増え、
私たちの旅がより充実したものになると思います(*´ω`*)

いつもブログを読んでくれて、応援してくれてありがとうございます♪

ブログランキングを見る

食パッカーのFacebookページもチェックしてね♡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ブンタカ より:

    ユキさん、プロペラでも飛行機は立派に飛びますよぉ~!!
    昔はハワイやアメリカ本土・ヨーローッパへもプロペラで飛んでたんだよぉ~♪
    イヤァ~、アフリカのローカル空港って良いですねぇ~(笑)
    エチオピアも田舎だと純朴な方達が多いんですかねぇ~?
    南京虫とお友達にならなくて良かったですね!
    さあ、民族巡りはどうなりますか?(笑)

    • yuki より:

      いつも乘ってる飛行機と違って、小型でプロペラだったからなんとなく心不足で!!笑
      でもよく考えたら、ナミビアのスカイダイビングをしたときのセスナも、プロペラで飛んでたわ!
      初めて南京虫を見たけど、安心して寝ちゃわなくて良かったです!
      刺されたらシミになって残りますから!!泣

  2. はな より:

    あの大変だった3日がたったの4時間!!!
    飛行機様様だね( *´艸`)

    エチオピアは南京虫大国と言われててびびってたけど、私たちは2週間一度も会わずに済んだよ。
    刺される前に部屋替えられてよかった~☆

    • yuki より:

      ねー、ほんとに飛行機発明したやつ誰だよ!まじありがとう!って思ったよね!
      南京虫に会わなかったんだぁー、それが一番だよー、ベッドのシーツめくってチェックしててよかったーって思ったよ!
      そういえば、ダナキルの時は、隣のマットで寝た香港の女性が下半身ダニに刺されまくりだったよ(´Д`)